ページ内の移動用のリンクです


におい嗅ぎ分析

食品や工業製品から感じるにおいは、多数の臭気成分による複合臭であることがほとんどです。
複合臭の中から特定の臭気成分を見つけ出すには、(1)成分ごとに分離する(2)官能評価によってにおいの質を明らかにする(3)臭気成分を同定する技術が必要となります。
当社のにおい嗅ぎ-GC/MS分析は上記技術を満足し、お客様の“におい”に関する問題の解決、対策をサポートします。

分析のご依頼例

  • 食品の異臭苦情が発生した
  • 工業製品・生活用品から発生するにおいの原因を調べたい
  • 工場周辺や室内の空気のにおいが気になる
  • 食品・化粧品等のよい香りの成分を調べたい

【実績例】“食品から接着剤臭がする“という苦情に対しての原因物質特定

測定

写真:におい嗅ぎ装置 GC/MS装置

試料の香気・臭気成分を抽出して、におい嗅ぎ-GC/MS装置で測定します。
クロマト分離された各成分を分析者の鼻で官能評価すると同時に、質量検出器により臭気成分を同定します。

測定結果の解析

下図に測定結果を示します。
(上段:GC/MSチャート、中段:におい嗅ぎシグナル、下段:臭気成分の質量スペクトルと分子構造)
におい嗅ぎ分析で“接着剤臭”を感じたGC/MSピークを定性すると酢酸エチルであることが分かりました。
酵母の作用により酢酸エチルが多量に生成され,異臭になったと推定されます。

技術情報

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

におい分析